古本の買取と新刊書籍

古本屋という商売は、お客さんから古本買取をして、それを別のお客さんに売るものです。そのため、新刊の本が売れていなければ、古本屋という商売は成り立たないといえるでしょう。 その意味では、古本屋には新刊の流通の仕組みを知っておくことも必要だと思います。世間的には浸透していませんが、新刊の流通には「再販制度」というものが存在します。日本全国、どの書店でも同一タイトルは同じ値段、定価で販売されています。古本屋と異なり、店によって値段が違うということはありません。 本が全国共通の定価で販売されている理由は、出版社が「定価」を決めて小売店である書店がその価格の通りに販売しているからです。本以外の商品は、小売店が自由に価格を設定して販売することが出来ます。食品であれば閉店間際にタイムセールをするといったことも可能です。 原則、メーカー側が設定した価格で小売店に販売させることは、公正な競争を阻害するものとして独占禁止法で禁止されています。 ただし、これには例外があり、これが「再販制度」です。具体的には書籍や雑誌、新聞などのメディア商品が対象になっています。書店で扱う書籍や雑誌については、出版社が定価を外さない限り値段が変わることはありません。