新刊書店の販売方法

新刊書店の本の販売方法の一つに委託販売があります。新刊書店が扱う本を普通、出版社に返本することができます。 新刊書店に並ぶ本は大きく二つにわけられ、一つは新刊書として毎日搬入される新刊委託の本。年に一回交換する「常備寄託」の本で、ロングセラーの本などがこれにあたります。新刊委託の場合は、105日以内に返品すればいいのですが、実際には書店の棚に一度も並ぶことなく返本されることも珍しくないそうです。近年の昨今の新刊書の返本率は40%前後 ともいわれています。常備寄託は、出版社が作成したセットを店頭に並べ、売れた分を補充して支払いをするシステムです。たとえ棚に並んでいても、帳簿上は出版社の在庫とみなされます。 ほかに、書籍の問屋にあたる取次店が作った季節ものの商品セットなどの長期委託もあります。長期委託の仕組みは少々込み入っていて、書店や取次店によって差異があるようです。 これらの出版社の本を各地の本屋に配送しているのが本の卸売商である取次店。本の輸送や情報伝達、決済などの機能を備えており、新刊書流通の核ともいえる存在です。 新刊書店は、取次店から配本される本の中から店に並べる本を決めるしかありません。つまり人気の本を希望どおり配本してもらえないおそれもあるのです。