古本屋の相場

古本屋では、相場を知っていることと、本が売れるこtは直接は関係ありません。今、ネットなどを使って、他の人がどのくらいの値段で本を買っているのかを簡単に調べることができます。さらに古書組合に入って、市場に通うようになれば、かなり珍しい本であっても相場感覚をつかむことができるようになるでしょう。ですが、相場通りでは必ずしも古書の商売にはなりません。それぞれの古書業者がそれぞれの理由で相場を決めています。仕入れる理由が違うので、同じ値段で買っても同じように古本が売れるとは限りません。古書の商売は値段だけ真似をしても意味がないのです。同じようなことをやっては他の古書業者に勝てません。後発の古書店は、既存の価値付けをなぞるのではなく、中心に置かれていないもの、世間から見忘れられているものにこそ、価値を見出せるようにしたいものです。そこに古本屋の真骨頂があります。それが無かた有を生む古本屋の錬金術であるのです。長く古本屋を続けている古書店はいずれも、その店だけが知っている「よく売れるもの」を持っています。それは、他の店には明かされないし、市場で仕入れるときもあまり高く買うとばれるので、ギリギリの値段で落札します。このようにいくら気を使っても生き馬の目を抜くといわれる古書業界なので、他の店にばれて追いつかれてしまうでしょう。このように古書業界の世界は果てしないものなのです。

Leave us a Message